【転載】パリの窓から:二つの世界観〜フランスの年金改革反対運動

飛幡祐規さんのブログ「パリの窓から」で、フランスの年金改革反対運動が詳細に紹介されています。以下、転載させていただきます。 原文・写真は http://www.labornetjp.org/news/2020/pari58 ●歴史的な社会運動  昨年の12月5日からフランスでは年金改革に反対する大規模な社会運動が始まった。初日のデモの動員は全国で150万人(警察発表8…

続きを読む

エクアドルで政府の緊縮政策に反対する闘いが進行中

エクアドルで、モレノ政権が強行しようとしている緊縮政策に反対する行動が拡がっています。 朝日新聞の報道によれば、闘いのきっかけは「モレノ大統領が発表した財政再建のための緊縮策」にある。「燃料費の補助をカットし、30万世帯が受けていた月15ドルの補助金を取りやめるなどの内容が含まれていたことから、補助金を受けていた人たちは反発。軽油やガソリンの値段も急騰し、大規模な暴動に発展した。政権は非常…

続きを読む

松尾匡さん講演「7月参議院選挙で見えてきた反緊縮左派の可能性」要旨

ATTAC関西グループの連続学習会の特別企画として、10月6日、松尾匡さんの講演会を開きました。30人を超える方に参加していただき、松尾さんの講演「7月参議院選挙で見えてきた反緊縮左派の可能性」のあと、熱心な質疑がおこなわれました。ここでは、松尾さんの講演と質疑の中での松尾さんの発言を紹介します。 10.6 松尾さん講演要旨 欧米における反緊縮運動はどのように形成されたのか 欧…

続きを読む