10.6松尾匡さん講演会「7月参議院選挙で見えてきた反緊縮左派の可能性」

ATTAC関西グループでは、連続学習会として「そろそろ左派は<経済>を語ろう」を取り上げてきましたが、学習会の最終回として特別企画・松尾匡さん講演会「7月参議院選挙で見えてきた反緊縮左派の可能性」を開きます。学習会の参加とは関係なく、どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。 *日時:10月6日(日) 午前10〜12時 *場所:淀川区民センター第1会議室(定員72人)…

続きを読む

スペイン・バスク地方の年金受給者デモが1周年を迎える

昨年1月にスペイン北西部のバスク地方で始まった年金受給者デモが、1月14日で丸一年となりました。このデモは、自分たちと子ども・孫の世代のために、スペイン中央政府とバスク州政府に対して、最低でも月額1,080ユーロ(約134,000円)の年金支給を要求しています。毎週月曜日の午後に、ビスカヤ県ビルバオの庁舎前に集まって行進します。 当初は、小さな規模で、ハンドマイクもメガホンもなく、…

続きを読む

「タワー火災は人災」〜背景に規制緩和と緊縮政策

14日に発生したロンドンのグレンフェル・タワー火災は、犠牲者が100人近くになる可能性も報じられています。 火災が急速にタワー全体に広がった原因として、昨年の改装の際に外壁に取り付けられた断熱材が、ポリエステルとアルミを材料とする可燃性のものだったという指摘も出ています。ロイターが配信した記事の中では、住民が「なぜ外観をきれいにしたのかを考えると、いらだたしい。反対側の高級住宅の住民にとってこ…

続きを読む