ロンドンのタワー火災で政府の責任追及へ〜緊縮政策で安全予算カットか

ロンドンで起きた高層住宅の火災について、BBCは労働党コービン党首のコメントを報道しています。 コービン党首は「誰にとっても最悪の夜だった」とした上で、緊急隊の活躍を賞賛し、さらに問われるべき問題があると指摘しました。例えば、火災安全についての規制を見直すことを、メイ首相の首席補佐官ガービン・バーウェルが昨年(大臣在任中)に約束していたのに、その結果は公表されていないとのことです。 「現段階…

続きを読む