【投稿】東京五輪と放射能についてIOC会長に公開書簡

IOC会長トーマス・バッハ会長宛てに、公開書簡をフランスのメディア<Mediapart>を介して、公表しました。

フランス、スイス、ドイツの有志、反原発活動家、研究者などの署名者を集めて出されたものです。フランスのネット情報誌Mediapartに今朝、掲載されました。今後私たちは、2月後半に、ローザンヌのIOC本部前で、集会を予定しています。

フランス語原文は以下から読めます
https://blogs.mediapart.fr/les-invites-de-mediapart/blog/141119/jo-2020-au-japon-attention-zone-radioactive

和訳を以下に、掲載します。

トーマス・バッハIOC会長殿

拝啓、
私たちは、日本の夏のあり得る酷暑のために、選手や公衆への健康の配慮からマラソン競技を北海道の札幌に移転させるという貴職の決断の報に触れました。しかしながら、福島第一原発の事故によって引き起こされた放射能のリスクについては、私たちが知る限り、貴国際オリンピック委員会によって考慮されたという報には接しておりません。確かに、この問題は見えにくいのですが、長期間にわたる健康リスクの原因となるのです。

9年目が過ぎようとしている現在、福島の原子力事故は終わっておらず、原子力緊急事態宣言の下にあります。放射能の放出を封印することができないまま、8年が過ぎようとしています。日本全国、とりわけ福島県を中心とする東日本に過大な放射能汚染をもたらしました。またこの度の台風15号、19号は、今までにないほどの強さで、同じ地域を襲ったのです。河川の氾濫は、野山にあった高線量の放射能を各所にもたらしており、その状況も把握しきれない状況です。

聖火リレーは、Jヴィレッジという福島事故対応施設を出発点として、汚染地をくまなく走るという信じがたい計画です。ベースボール、ソフトボールの試合に予定されている福島市の「福島あずま球場」周辺の土壌汚染は、最大6176Bq/kgの汚染が検出されており、トライアスロンの水泳を行う東京湾の一部は、すでに汚物で異臭が放たれ、湾岸部には、放射能が高度に堆積しています。東京にもホットスポットは存在しています。
 
私たちは、東京オリンピックに参加する選手たちの健康を憂う以上に、この開催が、大半が100年、また数千年に及ぶ汚染区域である福島周辺に暮らさざるを得ない住民たちの不都合な現実を消し去ることを最も危惧しているのです。これらの住民の中で、とりわけ、妊娠している女性、あるいはその可能性のある女性たちや子供達がこの惨事によって打撃をうけ、放射線の高線量にさらされているのです。
 こうした重大な状況を告発せず、貴職たちが東京オリンピックの開催をすることは、全世界にたいして福島事故が大したことではなく、何事もなかったごとくに消し去ることに加担することになるのです。
 
私たちは、日本で受ける健康リスクに関し、貴職に、オリンピックゲームに関係する場所について、独立系の科学者たちによる放射線量の調査を実施させ、その結果から然るべき結論を導き出すよう要請するものです。

署名者:
Françoise Bloch, socio-anthropologue CNRS retraitée, membre de Contratom et de l'ex-collectif IWHO
Bruno Boussagol, metteur en scène, Appel du 26 avril
Françoise Bouvier, membre de l'ex- collectif IWHO
Françoise Chanial, des amis de la Terre et du collectif ADN
Martial Château, SDN 72
Odile Gordon-Lennox, membre du comité de l’association “Soigner les Enfants de Tchernobyl” Genève
George Gordon-Lennox, journaliste et fonctionnaire international à la retraite
Yu Kajikawa, Sayonara Nukes Berlin, Berlin
Kolin Kobayashi, journaliste indépendant, Echo-Echanges, Paris
Hiroko Komori, Association Plus, Paris
Claudio Knüsli, oncologue, membre du comité IPPNW Suisse (International Physicians for the Prevention of Nuclear War), Bâle
Bernard Laponche, Association Global Chance
Andreas Nidecker, bureau IPPNW Suisse
Jean-Luc Pasquinet, Collectif ADN
Pierre Péguin, Collectif Arrêt du Nucléaire
Jean-Yves Peillard, membre de l'ex-collectif IWHO
Eric Peytremann, membre du comité “ Soigner les Enfants de Tchernobyl” ((Care for the Children of Chernobyl – SET)
Claude Proust, juriste retraité EDF, Corenc
Anne-Cécile Reimann, Présidente de Contratom, Genève, Suisse,
Ivo Rens, Professeur honoraire, Université de Genève
Philippe de Rougemont, President of Sortir du nucléaire Suisse romande
Annick Steiner, membre de l'ex-collectif IWHO, Genève
Kurumi Sugita, socio-anthropologue CNRS retraitée, Nos Voisins lointains 3.11
Yûki Takahata, écrivaine, traductrice, Paris
Wladimir Tchertkoff, documentariste co-fondateur de l’association Enfants de Tchernobyl Belarus
Annie Thébaud-Mony, directrice de recherche honoraire Inserm, IRIS/GISCOP93/GISCOP84
Jean-Luc Tonnerieux, membre de Vosges Alternatives au Nucléaire et de l'ex collectif IIWHO
Toshiko Tsuji, membre de Yosomono-Net,
Erwin Weiss, membre du comité Contratom,
Olivier Zimmermann
団体:
ADN 75
Association Echo-Echanges,
Collectif contre l'ordre atomique
« Enfants de Tchernobyl Belarus », par les huit membres de son CA :
- Marie-Elise Hanne,
- Michel Hugot (co-auteur et réalisateur des documentaires Belrad 2015 et Survivre à la pollution atomique),
- Yves Lenoir (auteur de La Comédie atomique et, avec le cinéaste Marc Petitjean, de Tchernobyl, le monde d’après),
- Catherine Lieber (autrice de la brochure Introduction à la radio-protection et du CD Lune d'Avril),
- Jean-Claude et Maryse Mary,
- Françoise Tailhan,
- Wladimir Tchertkoff (auteur de Le Crime de Tchernobyl et réalisateur des films Le Sacrifice, Controverses nucléaires et de nombreux autres documents audiovisuels sur Tchernobyl).
Association Henri Pézerat,
Association Nos Voisins Lointains 3.11
Réseau Sortir du nucléaire, France
SDN Berry-Giennois-Puisaye,
SDN Isère,
SDN 72,
Sortir du nucléaire Suisse romande
Yosomono-Net France

"【投稿】東京五輪と放射能についてIOC会長に公開書簡"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: