【紹介】アメリカ史上に残るメーデー

愛知連帯ユニオンがコロナ危機のもとでのアメリカのメーデーの様子を紹介しています。ユニオンのご好意で転載させていただきました。 アメリカ史上に残るメーデー 米国では5月1日、アマゾンやウォルマートといった大企業の労働者らがゼネラル・ストライキを実施し、行動はロサンゼルス、ニューヨーク、シアトル、ミネアポリス、スタテン島、コロラド州デンバー市、テキサス州オースティン市、フィラデル…

続きを読む

【ATTACイギリス】気候アクションは新型コロナウイルスのために先延ばしすべきではない、二つの危機は両方ともわれわれすべてにとっての脅威なのだから

グローバル・ジャスティス・ナウ(ATTACイギリス)のドロシー・グレース・ゲレーロさんによる論文を紹介します。原文は以下で見ることができます。日本語訳の文責は、ATTAC関西グループにあります。 https://www.globaljustice.org.uk/blog/2020/apr/16/climate-actions-should-not-be-postponed-due-covid-…

続きを読む

ウェブセミナー(ウェビナー)「What world after the pandemic (パンデミック後の世界)報告

会員から、ウェブセミナー(ウェビナー)「What world after the pandemic (パンデミック後の世界)」の報告が寄せられたので、紹介します。 ATTACフランスのアギトンさん、フォーカスオンザグローバルサウスの元代表のパブロ・ソロンさんなどの呼びかけで、「Global Dialogue for Systemic Change(システム・チェンジのためのグロー…

続きを読む

飛幡祐規さんブログ「パリの窓から」〜監禁日誌9 公共医療システムの破壊

飛幡祐規さんのブログ「パリの窓から」からが更新されました。 http://www.labornetjp.org/news/2020/pari67 監禁日誌9 公共医療システムの破壊 *マン・レイの展覧会広告への落書き ロックダウン6週間となったが、5月11日からの解除のプランはまだ明確にならない。新型コロナウイルスの危機管理における、ドイツとフランスの違いを語る歴史学者の…

続きを読む

【紹介】集団免疫とロックダウン解除!?―愛国主義の犠牲にはならない!!(小倉利丸さん)

小倉利丸さんのブログ『ne plu kapitalismo 不可解な領域へ:思想、文化、運動』が更新され、「集団免疫とロックダウン解除!?―愛国主義の犠牲にはならない!!」が掲載されていますので紹介します。 https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/blog/2020/04/24/shudanmeneki/ 新型コロナウィルスのパン…

続きを読む

【投稿】コロナ生活保障を求める大阪座り込み行動(4/27)

27日の「コロナ生活保障を求める大阪座り込み行動」に参加した会員からの投稿です。 コロナ生活保障を求める大阪座り込み行動の第4波に参加しました。今日は大阪府庁。 昼休み集会→府議会傍聴(傍聴制限のため、モニターで中継)→申し入れ→報告集会と長時間でしたが、20-25人ぐらいが参加、若い人たちが元気なので、つられて最後まで参加してしまいました。 ネット右翼らしい中年の男が…

続きを読む

【紹介】資本主義が招き寄せる循環性パンデミック(小倉利丸さん)

小倉利丸さんのブログ『ne plu kapitalismo 不可解な領域へ:思想、文化、運動』が更新され、「資本主義が招き寄せる循環性パンデミック」が掲載されています。 https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/blog/2020/04/23/cyclical-pandemic/ 冒頭部分と最後の部分だけを引用します。全文は上記のブ…

続きを読む

ラナプラザの悲劇から7年-バングラデシュの衣料労働者への連帯を

ラナプラザの悲劇から7年 – バングラデシュの衣料労働者への連帯を 7年前(2013年)の4月24日、バングラデシュ・ダッカ近郊のラナプラザ(8階建ての雑居ビル)が倒壊し、入居していた3つの工場の労働者1100人以上が犠牲になりました。 その後、世界の労働組合や消費者団体が衣料品ブランドや小売店チェーンに対して衣料工場の安全のための協定を締結させ、工場の点検・修理や、犠牲…

続きを読む

飛幡祐規さんブログ『パリの窓から』〜監禁日誌8 先の見えないロックダウン

飛幡祐規さんのブログ『パリの窓から』が更新されました。「監禁日誌8 先の見えないロックダウン」です。 ロックダウン5週目になっても、解除のための具体的なプランは明確にならない。フランスの死亡者数は2万人に近づき(4月20日に超えた)、死にいく人との人間的な別れができない状況が告発される。 ●4月14日(火) 29日目。ロックダウン5週間目に入る。昨日のマクロンの演説で5月1…

続きを読む