【COP23】民衆気候サミット・ワークショップ2日目

11月7日、民衆気候サミットの最終日は、ワークショップ2日目です。パリから着いたNさんと一緒にボンに向かいました。最寄りの駅から会場に行く途中で、ドイツ人の活動家と話をする機会があり、彼女はヒロシマを訪れた体験を熱心に語ってくれました。ボンのこの地域は、さまざまな研究機関が集まっているところだそうで、首都がボンからベルリンに移転したあと、空きになった建物や土地に研究所などが引っ越してきたという話…

続きを読む

【COP23】民衆気候サミット・ワークショップ1日目

民衆気候サミットは、3日から7日までの日程で、前半の3日間はそれぞれ夕方から「イブニング・プレなり」がテーマを変えて開かれました。後半2日間がワークショップで、2つの会場、3つの時間帯に分かれて50以上のワークショップが開かれます。その他に、今後の方針をめぐる討議や音楽行事が別会場でおこなわれ、インフォメーション・テントも設けられていて、そこでは食事も提供されます。 6日午後の第2セッショ…

続きを読む

【COP23】COP23会場と民衆気候サミット

反核WSFが終了し、ドイツに移動しました。COP23交渉や対抗アクションはボンで行われますが、適当なホテルがボンでは見つからなかったので、ケルンのホテルからボンに「通勤」しています。 COP23の会場は、ボン市内のブラ・ゾーンとボン・ゾーンの2ヶ所に分かれて設けられています。ブラ・ゾーンは、国連大学構内にあるワールド・コンベンション.センターで、ボン中央駅から南に地下鉄で5駅目、駅から歩い…

続きを読む

第3回反核WSF・クロージング集会

第3回反核WSFは、4日のクロージング集会で幕を閉じました。次回の反核WSFは、2019年に洲ぺうん・マドリードで開かれるとのことです。 午前中のセッションが終わって、クロージング集会までの間には、近くの共和国広場でパフォーマンスが行なわれました。 クロージング集会の冒頭に、この集会と並行して、ドイツのボンでは「気候正義」(クライメット・ジャスティス)を求めて1万人のデモがおこなわれてい…

続きを読む

反核WSF最終日・ATTAC主催のワークショップ

11月4日、反核WSFの最終日(3日目)は、午前中にワークショップ、午後1時から共和国広場でのパフォーマンス、午後2時からクロージング集会が行なわれました。 午前中のワークショップのうち、ATTACフランスが主催したワークショップでの議論を紹介します。メインとなる発言者は、ベルナール・ラポンシュさん(脱原発を主張する核物理学者で、日本でも著書「フランス発『脱原発』革命」が明石書店から出版されて…

続きを読む