連続学習会「石油・武器・麻薬 中東紛争の正体」最終回

4月2日の連続学習会は、「「石油・武器・麻薬 中東紛争の正体」の最終回で第6章をやりました。報告者のレジュメは、この投稿の最後に掲載しています。 第6章「武力で平和はつくれない」では、著者は「女子教育~日本の技術力」までの前半の項で、日本にできることの提案をしています。「経済的利益優先」以降の後半の項では、一貫して、軍事援助や防衛産業への依存や、軍事的介入を批判し、中東の希少な安定国であるイラ…

続きを読む

連続学習会〜次シリーズのテキスト決定

4月2日、連続学習会「石油・武器・麻薬 中東紛争の正体」の最終回をおこないました。学習会のレジュメは、後日アップします。 次のシリーズでは、「財政から読みとく日本社会」井手英策著(岩波ジュニア新書)をテキストにして、日本社会の現状と変革の展望について、一緒に考えていきます。サブテキストとして、同じ著者らの共著による「分断社会を終わらせる:「だれもが受益者」という財政戦略 」(筑摩選書)を参考に…

続きを読む

4月29日にワシントンで「民衆気候行進」

3月28日に、トランプ大統領が気候変動対策を廃止する大統領令に署名した状況の中で、アメリカの環境保護団体や労働組合、様々な社会運動団体が連合して「ピープルズ・クライメット・マーチ(民衆気候行進)」を計画しています。 この日、「私たちは立ち上がる、私たちは作り上げる、私たちは抵抗する」を合言葉にして、ワシントンに10万人以上の人々が結集しようとしています。 ピープルズ・クライメット・マーチのH…

続きを読む

トランプ大統領がパリ協定の目標達成を事実上放棄

アメリカのトランプ大統領は、3月28日、「Promoting Energy Independence and Economic Growth(エネルギー政策の独立性と経済成長の促進策)」と題した大統領令に署名しました。この大統領令の全文(英語)はこちら。 この大統領令は、オバマ前政権が地球温暖化対策のために導入した石炭火力発電所のCO2排出規制「クリーン・パワー・プラン(CPP)」を停止す…

続きを読む

アン・ライトさん論文「北朝鮮問題で前に進む道とは」

アメリカの元陸軍大佐で、外交官としても活躍したアン・ライトさんが、北朝鮮との直接交渉を始めるべきという論文を発表しています。アン・ライトさんは、現在は平和運動家として活動され、日本にもたびたび来られています。憲法九条世界会議関西集会にも参加されました。 この論文「A Path Forward on North Korea」を訳出しましたので、全文を掲載します。なお、訳文についての文責はATTA…

続きを読む