”つながってる!インドネシアNGOが語る熱帯泥炭地と私たちの暮らし”ウータン学習会に参加して

2月4日、ワン・ワールド・フェスティバルの企画の一つとして、ウータン・森と生活を考える会主催の学習会が開かれ、ATTACの会員も参加しました。テーマは「「つながってる!インドネシアNGOが語る熱帯泥炭地と私たちの暮らし」です。 学習会の呼びかけによると、学習会の趣旨として、以下のことが挙げられていました。 「ボルネオ島をはじめとする東南アジアの熱帯林が伐採され、生物多様性や地球温暖化…

続きを読む

連続学習会「財政から読み解く日本社会」レポートと次回学習会のご案内

1月28日、ATTAC関西の定例連続学習会「財政から読み解く日本社会」の第6回をおこないました。今回は、このシリーズの最終回で、第6章「税の痛みが大きな社会をつくりかえる」と第7章「「君たち」が「君たちの次の世代」とつながるために」を一緒に学習しました。会員からのレポートは、非常にビジュアルに整理されていて、理解しやすいものでした。 レポートは以下からダウンロードできます。 20…

続きを読む

【法定協】第7回法定協議会開催〜各会派が意見表明

1月30日、大阪都構想の第7回法定協議会が開催されました。最近は2週間ごとの開催となっています。今回は各会派が意見表明をおこない、自民・共産・公明は「特別設置反対」を明らかにしました。 フリージャーナリスト幸田泉さんのブログによれば、公明は「特別区ではなく総合区を支持」と述べ、委員間協議で維新の議員が公明の議員に「特別区賛成に変わる可能性はあるのか」としつこく聞く場面もあったとのこと。幸田…

続きを読む

大阪市をなくすな!都構想反対の署名活動、最後の追い込みへ

昨年10月から始まった「大阪市をなくすな!」署名活動は、2月21日の最終集約日に向けて、いよいよ最後の追い込みに入っています。すでに署名実行委の事務局には、段ボールに入れられた万単位の署名から、市民1人1人がコツコツ集められた封筒入りの署名まで、続々と送られて来ています。 ATTAC関西も参加しているどないネットでは、1月21日に九条駅前で署名活動をおこない、57筆の署名をいた…

続きを読む

イスラエル国会でペンス副大統領の演説に議員が抗議行動

22日、エルサレムにあるイスラエルの国会議事堂で、アメリカのペンス副大統領の演説に対し、アラブ系政党の議員らが立ち上がって、アラビア語と英語で「エルサレムがパレスチナの首都」と記した看板を掲げ抗議し、強制的に退場させられました。 イスラエル国会では、前回(2015年)総選挙で、アラブ系・ユダヤ系双方の左派政党などが連合して「ジョイント・リスト」と呼ばれる選挙連合を形成し、120議席中13議…

続きを読む