神戸石炭訴訟・民事第6回期日のレポート(1/28)

2020/01/29 08:59
1月28日、神戸石炭訴訟の民事訴訟第6回口頭弁論がおこなわれました。神戸地裁101号法廷には、初めて傍聴したという方々も含めて、傍聴席をほぼ満席にする原告や支援者で埋まりました。 口頭弁論の中では、原告準備書面(9)について、原告代理人が要約して説明。 まず浅岡弁護士が、「被告は、原告らが法的保護に値する権利を持っていないと主張しているが、気候変動による影響は、人の生命・健康などへの現実的で切迫した人権を脅かしている」と原告に裁判提訴の資格があると述べ、さらに昨年..

続きを読む

神戸石炭訴訟提訴一周年記念シンポジウム どうする?気候危機への対応-変わる世界、日本と神戸の課題-

2019/12/11 08:34
12月9日、神戸石炭訴訟提訴一周年記念シンポジウムが兵庫県私学会館で開かれました。テーマは、「どうする?気候危機への対応-変わる世界、日本と神戸の課題」で、ゲストによる講演やトークセッションを通じて、この訴訟の意義が明らかになっていく催しだったと思います。 シンポジウムは、久保はるかさん(甲南大学教授・神戸の石炭火力発電を考える会代表幹事)の司会で進められ、まず、基調講演1「気候変動リスクとメディアの役割」(竹内敬二さん・元朝日新聞編集委員)がおこなわれました。 ..

続きを読む

もっと見る